2017年4月に発表された金融庁からの指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。
「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の策定した指針から各サービスでは、商品券から牛肉などの景品へ変更しています。
また、3000円程度の商品券やギフト券をプレゼントしているキャンペーンで行っているサービスがありますが、これは明確な法令違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。
もし、保険相談サービスを探しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスの質を重視して選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。
プロに自宅へ来てもらって保険の話をするとき心配なこととして、提示されたプランに納得いかない場合断れるかは気になるところでしょう。
一般的な会社であれば無理な勧誘は禁じていますし、担当者の変更を聞いてくれたりするなどといった安心・便利なサポートがあります。
一回だけの面談で契約まで至ることはほとんどないようなので、事前連絡などの際まずは相談だけで良いという希望を十分に伝えておくと安心かもしれません。
FPさんの質やその提案に自信があるところなら即決して欲しがることもないでしょうし、問題ないと思います。

家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。
選ぶときには、慎重にならざるを得ません。
そんなときに便利なのが、保険無料相談でしょう。
町中にお店があったり、FPさんが訪ねてきてくれたりしますが、会社により特典が付くところもあったりします。
商品券をもらえるところが多く、中には現金でもらえるところもあるそうです。
額は一万円以下が多いですが、数社からもらえたら一万円以上にはなると思います。
プロに不安を解消してもらえるうえにプレゼントがあるなんて、ダブルでお得なお話ですね。

毎月の支出額はそれほどでなくても、総合的に大きな額になる保険。
内容などの見直しをするときには気を付けなければいけません。
万が一のトラブルを予想したり調べたりして、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。
特に無理な勧誘に合った場合どうすれば良いか心配な人は多いと思います。
いざというときには会社で用意されている担当者を替えるサポートを利用しましょう。
サイト参照:ほけんの窓口の評判は?無料相談口コミと私の体験談!【予約必要?】

保険を見直すときにはお店に行くにしても家や近所に来てもらうにしてもほとんどが直に顔を合わせるものですが、中にはより手軽に電話での話合を受け付けているところもあるのだとか。
どういった流れになるかというと、まずはインターネットやフリーダイヤルで電話の時間を予約して、あとは担当FPさんからのコンタクトを待つのみです。
もちろんお金はかかりません。
この方法なら提案が不満なときも話を終わりにしやすいので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

皆さんは自分の契約している保険の内容を十分に把握していますか?
少しでもわからない部分があれば確認しておいた方がいいです。
その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。
例えば、病院で病気治療を受けたときに現在契約している保険ではいくら受け取れるかや家が火事で燃えてしまった時の保障などは、滅多に使わないので保障内容や申請方法を忘れていることもあります。
そこで、相談サービスにFPを紹介してもらい現在の保障内容が希望に合っているかを確認しましょう。
場合によっては、ほとんど同じ保障内容なのに月額を節約できたという報告も多いです。

保険料を節約しようと思っても、相談に行く時間がないからどうしようと悩んでいる方への解決方法があります。
保険無料相談サービスの中には、現在の保険内容の確認など相談のやりとりをメールで行えるサービスもあります。
なので、1年中受付をしており、返信内容の確認も通勤中など空いた時間に回答の確認・返信ができます。
もし、書いてある内容が難しくてわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと思ったときには、電話で直接相談することもできます。
相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

時折見かける、「ほけんの窓口の無料相談で牛肉などの景品プレゼント」という宣伝ですが、なぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。
実は少し前はFPにお金を払って相談するのが主流でした。
しかし、時代が変わるとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるようになりました。
保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては保険会社としても是非とも自社の保障に加入して欲しいと考えています。
そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった相談者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。
保険無料相談をしたら特典として商品券をプレゼント!というキャンペーンをパッタリと見なくなりました。
調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談特典で高額な商品券やギフト券がもらえるという販促方法は禁止になったからです。
正確に金融庁の指導を見ると禁止したのは換金性の高い商品の提供です。
逆に言うと「換金性が高くないものなら大丈夫」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。
そのため、商品券、ギフト券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

家計がギリギリ、でも将来のために貯金はしたい!という方はどの部分の支出を削りましょうか。
一番削りやすいのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできればそのままにしたいですよね。
そうするとすぐに思いつくのは、携帯電話料金です。
ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。
その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。
ほけんの窓口の無料相談サービスを活用した人のブログを見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。
そのブログ主の担当者さんは親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者を見つけて相談しましょう。

最近CMなどいろいろなメディアで目にするほけんの窓口の無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。
なぜ無料でできるのかを調べてみました。
その理由は各保険会社から契約成立時に手数料がメインの収益として成り立っているからです。
つまり、相談サービス会社としては、提案した保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。
そのため、お客様目線で相談に乗ってくれるサービスが多く「相談に行ったら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

少し前のことですが、買い物に行った際に買ったものへのサポートを必要ないのに契約させられたというトラブルがありましたね。
中には、生命保険に加入しようとして案内担当者の説明不足な状態で不適当な保険内容で加入させられたという人もいるそうです。
他には、保険金を請求したら告知義務違反で保険料の支払に応じないこともあるそうです。
そんな時に一般の方はどうしたらいいのかわからないですよね。
人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを得意とする弁護士もいるようです。
こういった問題が起きた時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

多くの人が保険を考える時期があります。
例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。
でも、全く知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。
そんな時は、ほけんの窓口の無料相談サービスの利用を検討してみませんか。
現在、保険に入っている人でも年収や支出などが契約当時と比べて変わっていると思います。
なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時にどんな保障が必要なのかを改めて見直しましょう。
その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。
契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

Tポイントやポイントサイトで景品と交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。
高額ポイントがもらえるサービスはあまり名前を聞いたことのないものばかりで本当にポイントがもらえるかわからないですよね。
多くの場合、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。
そのため、サービス側は最初の面談等で契約の見込みがないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たないようにすることがあります。
そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。
特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。
保険無料相談サービスでも同様に相談者特典として商品券プレゼントをしていました。
最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。
なぜかというと2017年4月に総務省や金融庁が策定した指針で高額なキャッシュバックや高額なギフト券がもらえるキャンペーンを禁止としたからです。
そのため、相談サービスではお米や牛肉、タオルなどの商品に変更しているサービスもあります。

一般的に良い評判よりも悪評の方が頭に残ってしまいます。
ライフプランの見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスではどんなイメージがあるのでしょうか。
口コミを見てみると相談する前の心配事として「相談したら結局保険に加入させられそう」という印象を持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。
実際に相談してみた人によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と快く言ってくれて安心できた、本当に内容の確認だけでもOKだったなどイメージとは全く違うことがわかりました。
なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

関連記事

    None Found